年齢肌は洗顔が基本

画像

スキンケアの基本といえば、洗顔、化粧水、乳液。この3つのケアはほとんどの女性が毎日していることと思います。30代、40代の年齢肌ではシミ、シワ、たるみ、くすみといった悩みが生じますが、これらの悩みに対抗するためにはどのケアが一番大切でしょうか?

シミ、くすみは紫外線対策、美白ケアが必要、だから、美白化粧水や乳液、シワ、たるみは乾燥対策、保湿ケアが必要、だから保湿化粧水や乳液を。そう考える方も多いですし、化粧品メーカーもそう宣伝していますね。
しかし、実は年齢肌にこそ、洗顔料、洗顔方法を重要視すべきです。それは、シミ、くすみは、肌の汚れや余分な皮脂が落とされず新陳代謝が十分に促されていないことが原因の場合が多いからです。
また、潤いを保つ洗顔、化粧水などの浸透力を上げる洗顔方法を行うことで、ふっくら張りのある肌を保つことにつながるからです。

○年齢肌には洗顔は不必要”という誤解

"汚れを落とす洗浄力、潤いを保つ保湿。それは相反することではありますから、並び立たないのでは?と思われる方も少なくないでしょう。とくに乾燥が気になる方は洗顔料を使わずぬるま湯のみでちゃちゃっと済ますという話もよく耳にします。
しかし、これでは洗顔とはいえず、ただ肌を水に濡らすだけ。洗顔基礎である、1日の汚れを落とし、余分な皮脂を取り除き、お肌の新陳代謝を促すことはできません。
それどころか、ぬるま湯をつけた一瞬は肌が潤っても、水分が蒸発するのと一緒にますますお肌が乾燥してしまうことにもなりかねません。
後からの化粧水や乳液などの保湿ケアの効果を上げるためにも、正しい洗顔方法でお肌を整えておきましょう。

○年齢肌には、保湿成分と洗顔方法にこだわって

"年齢肌には不必要な汚れ、皮脂を十分に落とす。けれど、潤いは保つ。この2つのことを考慮して洗顔料を選び、特別な洗顔方法を行いましょう。
ここで重要になってくるのは、洗顔料に配合されている美容成分や保湿成分です。 洗浄力の強い洗顔料は多く、潤い保つ保湿成分を十分に配合されている保湿成分は多くはありません。
保湿成分が配合されていたとしても、その配合量が十分でない場合も多いのです。ですから、どれだけ実際美容成分が配合されているか、確認することをおすすめします。
また、洗顔方法は少し手間がかかりますが、慌てずにゆっくりと行いましょう。洗顔料は石鹸の場合は十分泡立て、その泡をこすらず優しく肌にのせ、洗顔料が肌の表面に残らないようにすすぎはしっかりがポイントです。
年齢肌には負担をかけない、優しい洗顔が重要なのです。

TOPへ戻る