年齢肌の変化

画像

"10代、20代のお肌は毛穴も目立たず、ふっくらとして、なにより明るくくすみがありません。
しかし、個人差はあるものの、だいたい30代肌になると毛穴の開き、お肌のたるみ、くすみなどが気になってきます。40代肌になると、その程度は悪化してしまい、お化粧をしても隠しきれず、エステといったスペシャルケアなどでも回復が難しくなっていきます。
とくにそうした年齢肌の悩みの中でもくすみは複数の原因によって起こるため、その改善を試みることは多くの肌の悩みにアプローチすることになります。
肌のくすみのレベルはユニリーバの調査によると、30代以降に一気に加速します。30代肌、40代肌にこそ、くすみ対策をおすすめします。

○年齢肌に起こるくすみの原因

"肌のくすみは何故起こるのか。まずあげられるのは、血行不良です。
とくに冷え症の方は冬になると、お肌がくすんで感じることがあるのではないでしょうか。寒くなると血液の流れが滞り、そのため、肌の赤みが弱くなり、肌がくすんで見えてしまうことがあります。
もちろん、血行は年齢が上がるとともに、悪くなりますから、それが年齢肌として現れてしまいます。
毛穴の黒ずみもくすんで見える原因の1つ。皮脂分泌が盛んで潤っている状態の若い肌と違い、30代肌、40代肌は乾燥し弾力を失っているため、大きく楕円形に広がっています。そこに汚れが詰まると目立ち、くすんで見えてしまいます。 さらに、年齢肌によるとキメの粗さも肌のくすみをますます目立たせます。

○年齢肌のくすみにこそ、洗顔が大切!

"肌のくすみを改善するためには、洗顔を見直すことが大切です。
まず血行を促進するためには、洗顔時にお肌のマッサージを取り入れるのもいいでしょう。ただし、年齢肌にゴシゴシこするのは禁物。あくまでやさしくケアしましょう。
お肌のキメは毎日の洗顔、お化粧の仕方が原因の場合があります。お肌に負担をかけるようなこすりすぎるスキンケア、お化粧をしていないでしょうか。毎日これを行うことで、ふっくらとしていた肌表面の皮丘つぶされ、結果キメが粗くなってしまうのです。
また、新陳代謝を高め、お肌をスムーズに生まれ変わらせるよう、洗顔による角質ケアを意識しましょう。
毛穴に蓄積した古い角質を毎日取り除くことによって、肌に明るさが感じられるようになります。

TOPへ戻る